スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内地の土地問題と北条早雲/土地問題ダイジェスト

さてと解体屋のおじさんです、こんにちは。
さてと、今日のテーマは北条早雲をテーマに書きます。

というか、ようやくこの方の話題に入ることが出来た。

んっとね、この方は解りやすく言うと流れ者であるにもかかわらず足利将軍(関東公方/堀越公方)を殺しております。マジで。
それでも配下の国人たちは北条早雲に従った。

将軍よりも流れ者の支配の方が正しいと受け入れたんです。
これは劇的な変換であって、

今まで自分が書いてきた、国衙領、荘園、守護、地頭、の下請けの地元の人々(国人)が、勝手に領主を選んでいいという事になったわけです。混乱していた土地問題が北条早雲の登場によって、バラバラになって細分化されていた土地が一本化、全部北条早雲のモノということになった。

室町幕府から任命されていた守護から戦国大名になったものもいます。(甲斐の武田氏)
地元の国人から成り上がって戦国大名となったものもいます。(尾張の織田氏)

でも先駆けは北条早雲であって、日本の土地問題は戦国大名の登場によって、すべてリセットされた。
地域主権国家が誕生したわけです。

よってここから先は、ここは下地中分だ(荘園領主と地頭が半々で取る)とか、そういった事がなくなるわけです。
関東は全部北条早雲のもの。だって荘園の荘官とか地頭とか(国人)まで、朝廷のいう事も幕府のいう事も聞かずに早雲に従っているんだもの。という事態へと変化したわけです。というわけで、ほぼ土地問題が解決しました。

日本全国は騒乱状態(戦国時代)ではありますが。
最後の仕上げとして太閤検地が行われれば、土地問題は解決することになります。あー、長かった。


というわけで、今日は土地問題をダイジェストしていきたいと思います。どういう流れになっているのか、簡潔にまとめます。
では、いきます。

飛鳥時代
大化の改新により、全国の土地は朝廷のモノ(国衙領)と定まる。租庸調といった税金も発生。

奈良時代
墾田永年私財法の成立により、土地の私有化開始。

平安時代
荘園の成立。大貴族に寄付すると不輸の権(免税権)と不入の権(警察は入れない)の権利獲得。
これにより、大貴族と僧侶の私有化された土地だらけになり、租庸調といった税金はほぼなくなる。また、警察(検非違使)入れないため、山賊が発生しても取り締まれない。

鎌倉時代
源頼朝が、国衙領(租庸調が発生する土地)に隣接するように守護を設置、荘園には警察権を付与した地頭を設置。任命権は幕府。これにより、土地問題がより複雑になる。荘園が有り国衙領が有るにもかかわらず、守護と地頭が間接的に国衙領と荘園を支配。

源頼朝は日本国総守護/征夷大将軍の拝命によって全国の守護と地頭を、検非違使配下のモノではなく、幕府(軍事組織)の配下の者として位置付ける。

室町時代
守護領と隣接していた国衙領は守護の侵略により消滅。大化の改新はここで実質的に完全になくなる。ただし、武士が勝手に上総介とか名乗るのは継続。名目上だけとしてなら残る。

戦国時代
荘官とか地頭などの国人が幕府と朝廷を無視して勝手に領主を選ぶ時代に突入。土地問題、完全にリセット。



こんな感じになりますかね。来週は北条早雲が人物像を中心に書きたいと思います。
朝のコーヒーたいむ、お疲れ様です。

( ^^) _U~~

PS:
自分の日本史ブログは井沢元彦氏の「逆説の日本史」シリーズの影響を受けて書いております。
よろしかったら、本元もお読みくださいませ。

Amazon/逆説の日本史シリーズへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

moromizato12

Author:moromizato12
トラック解体屋のおじさんが我田引水に歴史を語る、そんなブログです。
ティーダブログからお引越ししてきました。

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。